研究助成プログラム

助成研究テーマ

『平成22年度研究助成』テーマ

一般財団法人 タカタ財団の平成22年度研究助成につきましては平成21年10月1日より12月20日までの間公募を実施し、その間32件の応募がありました。その後財団内の研究委員会にて厳正なる審査を行い、下欄の8件(助成金総額3,459万円)の助成研究を選考、決定いたしました。

研究テーマ名 研究代表者 備考
1 事故自動通報システム(ACN)が起動するドクターヘリシステムによる交通事故死亡削減効果の研究 認定NPO法人救急へり病院ネットワーク(HEM-Net)理事 益子 邦洋 氏 新規
2 判断・操作統合型運転行動モデルに基づく革新的運転行動支援の創出 名古屋大学大学院工学研究科 教授 鈴木 達也 氏 新規
3 高齢ドライバーのためのミラーリング法によるメタ認知教育プログラム開発 東北工業大学ライフデザイン学部 教授 太田 博雄 氏 新規
4 安全運転カウンセリングシステムの構築 芝浦工業大学工学部 教授 春日 伸予 氏 前年度からの継続
5 自動車へ全衝突形態対応の救命機能を搭載するための救急医療実態に基づく傷害予測アルゴリズムの構築とその実証実験 日本大学工学部機械工学科 准教授 西本 哲也 氏 前年度からの継続
6 効果的な交通安全対策のための信号交差点安全性定量評価シミュレーション手法の開発 名古屋大学大学院工学研究科社会基盤工学専攻 教授 中村 英樹 氏 前年度からの継続
7 人体デジタルモデルを用いた交通事故傷害予測に関する研究 東京工業大学大学院情報理工学研究科 教授 宇治橋 貞幸 氏 前年度からの継続
8 個別適合型運転診断・支援サービスを搭載した常時記録型ドライブレコーダの開発と公道実証実験(FOT) 東京農工大学大学院共生科学技術研究院 教授 永井 正夫 氏 新規

(以上申請順)

Page Top