研究助成プログラム

助成研究テーマ

『平成23年度タカタ財団研究助成』テーマ

公益財団法人 タカタ財団の平成23年度研究助成につきましては平成22年10月1日より平成23年1月15日までの間公募を実施し、その間30件の応募がありました。その後、財団内の研究委員会にて厳正なる審査を行い、下欄の9件(助成金総額3,044.78万円)の助成研究を選考、決定いたしました。

研究テーマ名 研究代表者 備考
1 判断・操作統合型運転行動モデルに基づく革新的運転行動支援の創出 名古屋大学大学院工学研究科
教授 鈴木 達也 氏
前年度からの継続
2 高齢ドライバーのためのミラーリング法によるメタ認知教育プログラム開発 東北工業大学ライフデザイン学部
教授 太田 博雄 氏
前年度からの継続
3 個別適合型運転診断・支援サービスを搭載した常時記録型ドライブレコーダの開発と公道実証実験(FOT) 東京農工大学大学院工学研究室
教授 永井 正夫 氏
前年度からの継続
4 事故自動通報システム(ACN)が起動するドクターヘリシステムによる交通事故死亡削減効果の研究 認定NPO法人救急へり病院ネットワーク(HEM-Net)
理事 益子 邦洋 氏
前年度からの継続
5 自転車の安全走行に関する研究 芝浦工業大学工学部機械群機械機能工学科
教授 沼田 仲穂 氏
新規
6 高齢ドライバー運転診断・リハビリシステムの開発 国立長寿医療研究センター生活支援機器開発研究室
室長 伊藤 安海 氏
新規
7 死傷事故低減に向けた高齢歩行者における行動特性の究明と対策について 独立行政法人 交通安全環境研究所
主席研究員 松井 靖浩 氏
新規
8 交差点を横断する歩行者の安全支援に関する研究 秋田大学工学資源学部
准教授 浜岡 秀勝 氏
新規
9 ドライブレコーダを用いた健常及び認知機能低下高齢者の日常的運転行動の測定と分析 佐賀大学医学部
教授 堀川 悦夫 氏
新規

(以上申請順)

Page Top