研究助成プログラム

助成研究成果Web公開

タカタ財団 2022年度助成研究成果 Web公開

2023年6月8日(木)、2022年度に助成した研究テーマの第11回研究報告会を開催しました。
5名の研究者から報告された研究成果を公開します。
リンク:助成研究者自己紹介助成研究論文集

無信号横断歩道手前に設置する法定外路面標示による速度抑制効果 PDF(6,130KB)
・・・大阪大学大学院工学研究科 准教授 飯田 克弘
半側空間無視を呈した脳卒中片麻痺者の自動者運転再開支援 PDF(2,808KB)
・・・静岡リハビリテーション病院 理学療法士 田中 幸平
長期観測運転データを用いた高齢運転者の加齢に伴う危険運転行動は生メカニズムの分析 PDF(2,313KB)
・・・名古屋大学大学院 未来材料システム研究所 教授 山本 俊行
肘関節周辺外傷後の運転許可のために必要な関節可動域の検討 PDF(5,574KB)
・・・かわしまクリニック リハビリテーション科 副主任 岸本 進太郎
交通死亡事故における救護義務違反の発生要因の科学的解析による予防策の考察 PDF(3,082KB)
・・・東京女子医科大学 医学部医学講座 教授 木林 和彦

PDFファイルをご覧いただくためにはADOBE®READERが必要です。
アイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

Get Adobe Reader

Page Top

SSL GlobalSign Site Seal